マスクにも慣れ・・・

最終更新日

Comments: 0

前回の投稿からおよそ1週間、コロナ関連のチェコ政府決定は刻々と変わっている。

今日4月8日からは、屋外でのスポーツ(ジョギング、サイクリングなど)時にはマスク着用しなくてもよいとのこと。

この田舎町では、散歩していても町はずれまで来るとほとんど誰にも会わないことが多いのだが、わずかに行き交う人たちもやっぱりマスクをしている。

これがなんだか妙な感じで、私なんかしばらく誰もいないとすぐマスクを外したくなってしまうのだが、ルール=破るもの、みたいなチェコ人が意外と真面目だったのか?と新たな発見だった。

午前中、郵便局に行ったら外に長蛇の列。

窓口に呼ばれた人以外は外で待つことになっているらしく、しかも2メートルの間隔をとって並ぶので最後尾がとんでもなく遠いところだった。

横入りしようとする人もいなくて、妙に感心。

それもこれも、コロナへの恐怖心のなせる業?

今日は天気がよかったので、自宅から車で10分の Zámek Kačina (カチナ城)の庭園に子供と行ってきたのだが、見た限りでは走ったり、サイクリングしている人でもマスク率は相変わらず7割ぐらいだった。

庭園といっても、言葉からイメージできるような手入れされた花壇などはなく、ただただ広大な原っぱが広がるだけなのだが、それがとても私の好みなのだ。

なんにもないって、なんて贅沢!

思う存分駆け回ったり、ボール遊びしたり、ピクニックしたり、思い思いに有り余るスペースを楽しむことができる。

警備員もいないし、「立ち入り禁止」の札もなし!

かと思えば、さすがお城の庭、池の端にはこんな素敵な橋がかかっていた。

(左に小さく写っているのは私のリュックと子供のボール・・・)

幼稚園もキッズルームも図書館も閉まり、家族以外が3人以上集まることも禁止されている今の状況では、ちょっと足をのばせば自然があふれているここの環境が、本当にありがたい。

当初4月11日までとされていた緊急事態宣言は、4月末までに延長となった。やれやれ。

ついに日本でも、緊急事態宣言が出されましたね・・・

人口も都市の規模もチェコとはケタ違いの日本では、不安や混乱や困難もケタ違いだろうと心配しています。

皆さまどうぞ、ご無事でお過ごしください!

最後にまたマスク画像を1枚。今日のチェコテレビ(日本のNHKにあたる、旧国営テレビ)のアナウンサー二人。

二人で黒マスクだと威圧感がすごい・・・。

アバター

Ako

チェコ在住15年を超えた40代女です。海外にいて「出身はどちらですか?」の問いに「東京です」と答えると、なぜかいつもガッカリされるのはなぜなんでしょう。好物はトマトと胡桃ゆべしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする